虻田神社

令和二年夏越大祓式について

令和二年夏越大祓式について

大祓式とは、神代の昔から行われてきた伝統あるお祓いの儀式で、「古事記」「日本書紀」にもその記述が見られ、澄んだ心と瑞々しい身体の蘇りを祈念致します。
半年間の罪や穢(けがれ)を祓い清めるための行事で、毎年6月と12月の2回、その月の末日に行います。
6月の大祓は「夏越(なごし)の大祓」ともいい、この日には茅(ちがや)で作った大きな輪をくぐる「茅の輪くぐり」も行なわれます。


本年の「夏越の大祓式」は、新型コロナウイルス感染防止の観点により、神事は神職と神社関係者のみで執り行います。
神事にはご参列いただけませんが、下記の通り大祓をお受けいただけます。


【本年の大祓の流れ】

形代に氏名と年齢を記入
息を吹きかけ、身体を撫でて形代に罪穢れを移します。

(形代は社務所にて頒布しております)

形代に初穂料を添え、社務所に持参もしくはご郵送下さい。
(6月30日まで)

参拝時に各自で茅の輪くぐりをなさって下さい。
無病息災、厄難消除の御利益があると言われています。
「茅の輪くぐり」のページもご参照下さい。

6月30日に神職と神社関係者のみで大祓神事を斎行し、お預かりした形代を祓い浄め、お焚き上げ致します。



形代の頒布について

大祓では「形代(かたしろ)」と呼ばれるもの(人の形をした紙)に名前と年齢を書き、その形代に息を吹きかけ身体を撫でます。
そうすることにより、自分の罪や穢れを移し、我が身の代わりにして清めてもらうのです。

※ここでいう罪とは、何か悪いことをした罪ではなく、神様から頂いた健康な体を包み隠してしまうようなもの(包む身=罪)であり、穢れとは汚いということではなく、我々を生かして下さる神様の気を枯らしてしまうこと(気枯れ=穢れ)をいいます。

今年は新型コロナウイルスの感染鎮静化を願い、五月から茅の輪を設置したことから、形代の頒布もすでに始めております。
大祓いをご希望の方は、社務所にてお申し出ください。

初穂料はお志をいただいております。
1000円以上のお志をいただいた方には、お札とお守りをお渡しいたします。
(一家に一組とさせていただいております)



【参考(昨年)】令和元年夏越大祓(本年は上記の流れとなります)

6月28日に神社役員の方々のご協力により、清々しい香り漂う青々と立派な茅の輪が完成致しました。
天地をつなぐ緑の柱に支えられた太く力強い美しい円(縁)をかたどる茅の輪に仕上がりました。
事前に神社で形代をお受け取りください。
(当日も受付でお渡しいたしております)
形代に名前・年齢(数え)を記入し、息を吹きかけ、身体を撫で、形代に罪穢れを移します。
神事が始まる5分前までに、受付にて形代をお渡しいただきます。
【令和元年 虻田神社夏越大祓式】

『大祓詞を宣る』
参列者全員により大祓詞を奏上します。
(大祓詞はご参列の皆様にお配りいたします)
『切麻(きりぬさ)にて祓う』
四角に切った小さな紙と麻の繊維の入った包みを手渡されます。
この切麻を少しつまんで、左肩・右肩・左肩と振りかけることで自分自身を祓います。
『祓(はら)えつ物を八針(やはり)に取り裂く』
御神前に供えた麻と木綿(ゆう)を、罪穢れを祓うための祓具として八つに切り裂きます。
大祓詞の一節「八針に取り裂きて」には「災いを切り裂く」という意味があると言われています。
『大麻(おおぬさ)にて祓う』
紙垂をつけた榊により、お浄めを行ないます。
『祓えつ物・大麻(おおぬさ)を辛櫃(からひつ)に納める』
心身の災い穢れを移した形代と祓具を辛櫃に納めます。
『茅の輪くぐり神事』
茅の輪の前で「蘇民将来(そみんしょうらい)」と三度唱え、一度目は左足から茅の輪をくぐり、左回りに進みます。
二度目は蘇民将来を三度唱え、右足から茅の輪をくぐり、右回りに進みます。
令和元年の夏越大祓式も洞爺・豊浦・伊達・室蘭の地元の方々、また遠方からも多くの方にご参列いただきました。
三度目も蘇民将来を三度唱え、左足から茅の輪をくぐり、そのまま御殿へと石段を上ります。
それぞれに御神前にてお参りいただいた後、ご一家に一組ずつ「夏越大祓のお札」と「茅の輪守り」をお頒ちいたします。
お札とお守りはご家庭の玄関にお祀りください。

新型コロナウイルス
感染拡大防止対策について
水無月の虻田神社

茅の輪くぐりのご案内

夏越大祓式神事
形代の頒布について

大祓詞奏上のすすめ

おかげ鳥居奉納のご案内

月次祭参列のご案内

調度品等奉納のお願い