虻田神社

おかげ鳥居奉納のご案内

虻田神社には連日、「良いご縁に恵まれた」「念願の子宝を授かった」「司法試験に合格した」「病気が治癒した」「宝くじやライブチケットに当選した」等、多くの方が「おかげさまで願いが叶いました」とお礼参りに来られております。
この感謝の気持ちを形にしてお礼をしたいとの声をいただいたことから、ご分霊をいただいている京都伏見稲荷大社の千本鳥居にちなみ、おかげ鳥居の奉納を始めることとなりました。

「おかげ参り」には二つの意味があります。

一つは「感謝」です。
神様に見守っていただいたおかげで成就しました、願いを取り入(鳥居)っていただきありがとうございますという意味です。

もう一つは「報告」です。
参拝の際に宣言した目標がどうなったのか、神様にご報告することです。

鳥居は神聖な場所である神域への「門」です。
赤い色は希望や生命の躍動を表すと共に、古来、災厄を防ぐという意味があり、神様の御神威を高めるともいわれています。
鳥居を奉納する習慣は願いごとが「通る」「通った」という祈願と感謝の意味から江戸時代に広まったとされています。

虻田神社のおかげ鳥居には、「叶守」にもデザインされている白蛇が描かれています。
この白蛇は2012年の冬に、初めて当神社の鳥居に現れました。
また、第二、第三鳥居すべての柱に4体の白蛇が現れた年もありました。
白蛇は白狐とともに稲荷神社の眷属であり、また、弁財天の遣いともいわれております。

願いごとが叶ったお礼、または日頃の感謝、ご参拝のしるしの形として、おかげ鳥居のご奉納をお待ちしております。

初穂料 一基 1,000円

雪蛇の鳥居について 限定『特別叶守り』頒布のご案内
授与品郵送頒布について 『甦りの桃玉』について
郵送祈祷のご案内
おかげ鳥居奉納のご案内

月次祭参列のご案内

調度品等奉納のお願い