虻田神社

龍山道【龍の卵】

モニュメント【龍の卵】

【大地の"気"がみなぎる龍脈】
この場所は、利尻富士、羊蹄山、駒ヶ岳を結ぶ、風水でいう龍脈(パワースポット)上に位置しており、龍脈は富士山まで続いているとされています。
噴火湾や駒ヶ岳を眺めることができ、背後にある羊蹄山・洞爺湖から来るエネルギーをふんだんに蓄え、普段の生活で感じることのできない緊張感・高揚感を体験できます。
また、昔から白蛇を見たという話が多数あり、白蛇は神の化身として縁起が良いものとされ、生命の源、再生、繁栄をもたらすといわれております。
さらに蛇が進化して神格化したものが龍であり、洞爺湖町のキャラクターは龍です。
設置されたモニュメントは、龍の卵をイメージしており、ここで願掛けをすることにより、龍が願いを叶えてくれるものとして造られました。


モニュメントへは神社から15分程で到着します。

【注意事項】
雨の後は足元が滑ります。
事故、けが等は自己責任にてご注意ください。
ゴミ等はお持ち帰りくださいますよう、お願い致します。
また、仮設トイレは設置されておりません。(山道全長約1㎞)


山道完成までの過程は下記㏋をご参照ください。

洞爺湖町商工会 龍山道整備の会

「むすび石」形式変更のお知らせ

「むすび石」は龍山道の永続的な維持管理の観点から、令和3年春以降、形式が変わることとなりました。
令和2年秋までの、龍が描かれた石に願い事を書いて「龍の卵モニュメント」にお供えする形式は終了となります。

令和3年春からは、願いを記す奉書と御守として持ち歩くこともできる小さな石を一組としてご用意致しました。
新しい「むすび石」は虻田神社御殿前右のお賽銭箱上にございます。