虻田神社

更新情報・お知らせ

2019/10/19
七五三詣のご案内NEW
2019/7/29
令和元年虻田神社例大祭のご案内
2019/7/1
令和元年夏越大祓のご報告
2019/6/13
令和元年夏越大祓のご案内
2019/6/13
お待たせしておりましたオリジナルご朱印帳の頒布を再開いたしております。
2019/5/4
境内の桜が見頃を迎えております。
2019/5/1
践祚改元奉告祭並びに月次祭のご報告
2019/4/30
践祚改元奉告祭並びに月次祭のご案内
2019/4/21
津軽笛奉納コンサートのご案内
2019/2/22
おかげ鳥居ご奉納のご案内
2019/2/15
祈年祭のご案内
2019/2/5
人形供養祭のご案内
2019/1/25
厄年祓いのご案内
2019/1/1
謹んで新年のお慶びを申し上げます。
皆様おひとりおひとりにとって素晴らしい一年となりますよう、心からお祈り申し上げます。
2018/12/25
春祈祷のご案内
2018/12/25
古神札しめ飾り焼納祭・どんど祭のご案内
2018/12/25
年末年始行事のご案内
2018/11/27
ミニ鳥居奉納のご案内
2018/11/23
平成30年新嘗祭を斎行致しました。
2018/10/15
七五三詣のご案内を始めました。
2018/09/23
龍柄ご朱印帳袋の頒布を再開いたしました。一枚一枚手作りのため、次回頒布時期は未定です。
2018/09/08
北海道胆振東部地震により被災された犠牲者の方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様とそのご家族の方々に対しまして心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
2018/08/18
平成30年例大祭斎行御礼
2018/07/26
平成30年例大祭のご案内
2018/07/26
サイトリニューアル

七五三詣のご案内

おかげ鳥居奉納のご案内

月次祭参列のご案内

調度品等奉納のお願い

七五三詣のご案内

虻田神社では11月30日まで、七五三詣のご祈祷を受け付けております。
ご祈祷を受けられる方は、事前に神社へご予約願います。

・祈祷料(玉串料):お子様お一人につき3,000円以上のお志
・授与品:お守り・千歳飴・ノート・鉛筆など

子どもの成長を感謝し、これからの無事を祈って神社にお参りするのが七五三詣です。

三歳は「髪置(かみおき)」と呼ぶ男女とものお祝い、五歳は男子の「袴着(はかまぎ)」、七歳は女子の「帯解(おびとき)」のお祝いとされています。
「髪置」は男女児ともに行われた儀式で、この日を境に髪を伸ばし始めました。
また、男児は「袴着」で袴を着け始め、女児は「帯とき」でそれまで付け紐で着ていた着物から帯でしめる着物にかえました。
つまり形式的にではありますが、七五三を終えて晴れて一人前として扱われるようになったのです。

11月15日にお参りするのが本来ですが、北海道では寒くなるので1ヶ月早くお参りするのが風習になっております。

子供が生まれてから7歳になるまでの間に数多くの祝い事が行われるのは昔から「7歳までは神の子」として神と人との世界の両方にまたがっていると考えられていたからです。

子供が物心つくまでの節目節目に、神様にお参りすることは大切な事であります。
神様にこれまでの成長に感謝し、将来の幸せを祈ることは今も昔も変わらない私たち日本人の風習なのです。



おかげ鳥居奉納のご案内

虻田神社には連日、「良いご縁に恵まれた」「司法試験に合格した」「病気が治癒した」「宝くじやライブチケットに当選した」等、多くの方が「おかげさまで願いが叶いました」とお礼参りに来られております。
この感謝の気持ちを形にしてお礼をしたいとの声をいただいたことから、ご分霊をいただいている京都伏見稲荷大社の千本鳥居にちなみ、おかげ鳥居の奉納を始めることとなりました。

「おかげ参り」には二つの意味があります。

一つは「感謝」です。
神様に見守っていただいたおかげで成就しました、願いを取り入(鳥居)っていただきありがとうございますという意味です。

もう一つは「報告」です。
参拝の際に宣言した目標がどうなったのか、神様にご報告することです。

鳥居は神聖な場所である神域への「門」です。
赤い色は希望や生命の躍動を表すと共に、古来、災厄を防ぐという意味があり、神様の御神威を高めるともいわれています。
鳥居を奉納する習慣は願いごとが「通る」「通った」という祈願と感謝の意味から江戸時代に広まったとされています。

虻田神社のおかげ鳥居には、「叶守」にもデザインされている白蛇が描かれています。
この白蛇は2012年の冬に、初めて当神社の鳥居に現れました。
また、第二、第三鳥居すべての柱に4体の白蛇が現れた年もありました。
白蛇は白狐とともに稲荷神社の眷属であり、また、弁財天の遣いともいわれております。

願いごとが叶ったお礼、または日頃の感謝、ご参拝のしるしの形として、おかげ鳥居のご奉納をお待ちしております。


月次祭(つきなみさい)参列のご案内

当神社では、毎月1日(8時~)及び17日(9時~)に「月次祭」を斎行しております。
毎月の月次祭には氏子・崇敬者の皆様どなたでも直接昇殿のうえ、ご参列いただけます。
神様のお守りお導きなど様々な御神徳に感謝し、氏子崇敬者をはじめ、世のすべての人々が幸せに過ごせるよう祈念する祭です。
月の初めの日の早朝、氏神様にお参りして、一ヶ月の無事を祈り、すがすがしいお気持ちで日々を過ごしていただくために、ぜひご参列をお勧めします。


調度品等奉納のお願い

虻田神社では、ご信仰篤き皆様からの神社幕や太鼓、賽銭箱、手水の柄杓などの神社調度品の奉納を承っております。
奉納品の種類については神社社務所にお問い合わせください。
奉納賜りましたお品には御芳名を記させていただきます。

第二、第三鳥居の注連縄ご奉納 F様

末社稲荷神社の鈴緒ご奉納 K様

几帳ご奉納 A様

書き下ろしご奉納 詞人くまさん